<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

自来也小町

d0043682_23401163.jpg自来也小町
宝引の辰捕者帳

泡坂 妻夫  著
文藝春秋  版





私が読んだものはハードカバーだったのですが、画像が見つかりませんでした!着物好きだからか、結構印象的な表紙だったんですけれど。これは文庫版の表紙です。


神田千両町の岡っ引き、宝引きの辰の活躍を、毎回異なった語り手が物語る短編推理小説です。作者、泡坂妻夫さんはミステリ作家の大御所ですから、どれも短いながらミステリとしてひねりがきいてて、とっても面白く読めます。

が、それだけじゃないってのが魅力!
以前の日記にも書きましたが、いかにも江戸らしい人情とか、この時代の様子、文化・風俗が良く描かれていて、時代小説の良さがしっかりでてます。

やはりおすすめは一作目、二作目の『自来也小町』と『冬の大菊』!

『自来也小町』
吉祥画として人気を集め、何百両もの値がついた蛙の絵が次々と盗まれる。
そして現場には『自来也』の文字が・・・。怪盗自来也は誰なのか、そしてその目的は?というお話。犯人も辰親分もいいんです!江戸っ子の『粋』を象徴したようなお話ですね。意地があってひたむきで、洒落っ気があって、情があって。
落語を聞いたあとのような読後感です。

『冬の大菊』
大店の両替商の娘と、しがない足袋職人。許されぬ恋に、二人が身投げ心中をしようとした大川端で、突如季節はずれの花火が打ち上がりました。誰が?何のために?
割と短い話で、大きな事件ではないけれど、この一夜の花火がいろいろな人に影響を及ぼしています。その人間模様が面白い。
結局、一時は死を決意していたこの二人は、明るく笑って別れます。
足袋屋の青年の語りがいいのです・・・!二人は結ばれないので悲恋なんだけど、とっても前向きで、これからふたりとも、納得して幸せになるんじゃねぇかなぁ(と、江戸の親爺風に)。甘酸っぱく、切なく、清清しい読後感です。あ、これも人情物の落語みたいです。
[PR]
by tou-g | 2006-12-13 00:46

休日らしい一日

今日は久しぶりに土曜日にお休みがとれたので、友人とふたり、

英国風カフェでブランチ→映画→百貨店で買い物(化粧品)→和風喫茶でお茶

という、なんか絵に描いたような女の子らしい休日を満喫できて感動です!
基本的に私は平日に休みがあるので、朝から友達と遊びに行くのはすごく久しぶりでした。

ブランチもお化粧品もお茶も、なんだか大当たりで、
話もよくあう友達で、今日は本当に密度の高い一日でした。


映画は本日から公開の『敬愛なるベートーヴェン』。
開演時間に間に合わなくて、最初からみていないせいか、ストーリーはよくわかりませんでした。いや、わかったけど、「え、そこで終わるの!?」みたいな感じでした。敬愛はどこに?

ただやはり第9の演奏シーンは圧巻でした!本当に凄かった!!!
あの場面をみせるためにこの映画はつくられたのでしょう!

素晴らしい演奏ができたとき、そのオーケストラの一員はどんなに気持ちよいのでしょうね。
私の感じる心地よさからでは想像もできないような、ぞっくぞくするような快感を感じているんじゃないだろうか。だってその音楽の一部なんですよ?自分が。
そう考えると、今まで何も音楽をやってこなかった自分は惜しいことしてるなぁと思います。
自分の音楽を持ってる人は、きっともっとちがった世界がみえているんじゃないかと。

友人は、「指揮者ってめっちゃ気持ち良さそうやな~!!」と言ってました。
しかしそれゆえに、これを自分の耳で聞くことの出来ない作曲者であり指揮者の苦痛は、一体いかほどだったのでしょうね。
[PR]
by tou-g | 2006-12-09 23:43

今日は遅番でした。

まあそれはいいんですが、今日も今日とて電車で読書です。

ここんとこ、本に恵まれてる!
きょう読んだ本も当たりだわ!泡坂妻夫『自来也小町』です。

短編集なんですが、そのうち一つ目と二つ目のお話がよかった。
もう二つ目なんて目をウルウルさせて読んでいたと思う。電車じゃなかったら泣いたかも。
爽やかな悲恋(?)でした。

感想はまたそのうち。
明日も続きを読むぞ~
[PR]
by tou-g | 2006-12-08 01:53

読み終わりました!

昨日続きを読むと言ってた『はやぶさ新八御用旅』読み終わりました。

いや、面白かった~。

ほとんど一気に読みきってしまいました~。
今回は新八がお奉行様のお遣いで京まで旅をするのですが、意外とレギュラーの人達も出てきました。
なぜか偶然現れる小かん姐さん(踊りの師匠、美人)。いいキャラですね。

ストーリーも二転三転、追いつ追われつ、一体誰が刺客で誰が姫君なのか?

謎解きものとしてもかなりいけてるんじゃないでしょうか。
今回は話の後味もよかったし、満足満足~♪
[PR]
by tou-g | 2006-12-06 21:17

今日はお休みでした

先日書いた『はやぶさ新八御用旅』を読み始めました。「東海道五十三次」編です。
今回は短編集のほうではなくて、一冊で一作のようです。

殿様のお供ではなくて、新八と供の老人の二人で京に出掛けるので、いつものレギュラーメンバーはあんまり登場しないのかな。まだ80ページほどですが、どうなっていくのか楽しみです。

それにしても、前々から思ってましたが、この男、もてるな・・・。

いや本当に。
どれぐらいもてるかっていうと、漫画やドラマで話題の『のだめカンタービレ』に出てくる千秋先輩ぐらいもてる。男も女も、まさに老若男女、新八のことが大好きです。

ときどき少年誌連載の漫画で、女の子3人4人あるいはそれ以上の間で(優柔不断な)主人公の男一人が揺れ動くような話がありますけれど、そういう話は私見てて 苛っ!! とくるんですけども、新八ならオッケーです(笑)。
確かにみんなが好感を持って然りの人物だもの。

最近江戸っ子というものに憧れを抱き始めました。お話の中でしか知らないけれど。
喧嘩っ早いとは限らないんですねぇ。

江戸っ子と友達になりたいです。
あ、浅草行きたい。


明日も電車の中で続き読みます。
[PR]
by tou-g | 2006-12-05 23:39

あははは・・・・

なんかもう、むっちゃくちゃ忙しいです仕事が。
確実に、課の人員全員が疲弊していくのが見ていてわかります。

先輩が休憩時間なのに休憩もせず、ぼーぜんとした顔でフラフラ商品補充してたりとか(笑)

最近うちの課はなんだか呪われてんじゃないか、って感じでついてなくてですね、
入ってくるアソシエイトさんは片っ端からやめていくわ、課長代理が入院するわ、主戦力の正社員もどんどんぬけてって大変。あ、しかも客数・売上下がってるんだ。

もう笑うしかない!
これ以上お客さん来ても、対応が追いつきませ~ん!

人手不足なのに、うちのお店で一番お客さんの来るカウンターなのです。

以前、初めて私がお店に出たときに、思わず『戦場』にたとえて記事を書いてしまいましたが、私以外でもやはりそう感じていたようで。今日の休憩時間に先輩がこんなことを言っていました。
あ、うちの課では、この4月から主力の正社員がなんと4人も退職しています。ここがポイント。


(人が足りなくって大変ですよね)←私の言葉です

たとえ人数がこれから増えたとしても、なんかこう上がどんどんいなくなって、守ってくれるものがなくなっていく不安というか負担は減らないのよね。

じわじわと確実に、前戦へ前戦へとおいやられているのを感じるわぁ。

(一番下っぱのはずの私ですら感じてます)

で、後ろを振り向いても後衛がいないねん。
そこからぐさっと攻撃が・・・!
このままではライフラインすら途切れてまいそうや(笑)。

(もう撤退することすらできなくなってきましたよね・笑)



う~ん、長く勤めてくれる健康体が欲しいなあ。
異様に忙しいこと以外は、みんないい先輩で、素敵な職場だと思うんだけどなぁ。
[PR]
by tou-g | 2006-12-03 00:23